GoogleAnalyticsなどのアクセス解析タグを設定できる「カスタムスクリプト」

TCDテーマには「カスタムスクリプト」という機能がテーマオプション内に搭載されています。ここに入力したコードは<head>内に挿入されます。

カスタムスクリプト

使い方は簡単。GoogleAnalyticsのトラッキングコードをそのままコピーして、保存するだけです。それで正常に解析が始まります。ここに入れるのは、GoogleAnalyticsのトラッキングコードでも構いませんし、Google広告のコンバージョンタグやFacebookピクセルコードを入れても構いません。複数のコードを入力することも可能ですので、用途によってご活用ください。

ここに入力したコードはWordPressテーマをアップデートした後も引き継がれますので、アクセス解析コードなどが上書きされてしまうことを防ぎます。<head>内ではなく、CSSを追加したい場合はカスタムCSSも便利です。こちらもカスタムスクリプト同様に、テーマアップデートしても設定が引き継がれます。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP