「少林寺拳法入門大百科」ぐらいの好き勝手感はあって良い!!

ケイブンシャの大百科「少林寺拳法入門大百科」

オークションで手に入れました!!

 
この本の表紙は昔のものだからメチャクチャですが、

構成は個人的に僕は好きです。

 
 
この本の表紙の写真の中には、ジャッキー・チェンや・・・、

 
 
ブルース・リーや・・・、

 
ジェット・リー(当時は、リー・リン・チェイ)までもが、

使われているのです!!(笑)

 
これは、現役の少林寺拳法の拳士には、

逆に新鮮な感じがすることでしょう。

 

カンフーブームに便乗しようという当時の少~法連盟の意図があるのかもしれませんが、この「好き勝手感」は今でも見習うべき価値観ではないでしょうか?

 
少林寺拳法というのは宗道臣が中国拳法をベースとして創始した武道で、中国拳法とは全く別物というのは、僕もわかります。

 
しかしながら、少~法ではまず、ひとりひとりの「自己」確立をすることを、第一の目標とするのです。

 
※スティーブン・R・コヴィー博士の書籍である「7つの習慣」でいうところの、「第1・2・3」の習慣までなります。

 
未来の少林寺の理想境の建設は、それぞれの拳士の志次第で、

如何ようにもなることだと、僕は信じています。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。